コンサルティング

​ご依頼の流れ

1

​法律相談

お困りのことがあるときには、お気軽にお電話にてお問合せください。法律相談の予約を入れさせていただきます。
その際、過去に相手方の相談を聞いていると、ご相談をお受けできないので、相談者のお名前、ご住所、電話番号、相手方のお名前、ご住所など(わかる範囲で結構です)をお伺いします。
秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。
法律相談料は、初回は時間に関係なく5500円(税込)ですので、ごゆっくりご相談ください(相談時間の目安は30分から1時間です)。
相談したからといって、必ず依頼しなければならないわけではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。また、弁護士費用についてもお気軽にお尋ねください。

2

​契約

法律相談のうえ、弁護士による受任が望ましいという結論になり、相談者も依頼を希望された場合、委任契約書を作成します。委任契約書作成時に弁護士費用を明示いたします。弁護士費用についてご不明な場合はお尋ねください。委任契約後は、打合せ時などに相談料を支払う必要はございません。
着手金は、委任契約後、1週間程度でのご入金をお願いしていますが、難しい場合にはご相談ください。
法テラス(日本司法支援センター)のご利用も可能です。

3

​事件の着手

弁護士が依頼者の代理人となって事件に着手します。
相手方とのやりとりは弁護士が行います。裁判の場合には、基本的に弁護士が裁判所に行きますので、依頼者の方には裁判所に出廷してもらう必要はございません(調停、和解、尋問などの場合はご本人の出廷が必要です)。
弁護士は事件の進行について依頼者に説明をし、依頼者と相談のうえ、依頼者の意向に沿って事件を進めます。
こまめな報告を心掛けておりますが、事件の進行など、気になることがあればいつでもお電話にてお問合せください。

各種費用についてはホームページをご覧ください